寿司図鑑 263貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

泥さざえ/ミヤコボラ

どろさざえ / ミヤコボラ
泥さざえ/ミヤコボラ
握り

ミヤコボラは意外に食べる地域の狭い巻き貝だと思われる。今のところ大阪湾、和歌山だけを確認していて、あまり目立つ貝ではないので、貝殻を持参して旅をするとあそこでもここでもと、食べられている地域はもっと多くなるはずだ。さて、このトゲトゲの巻き貝の大きさは高さにして10センチ弱、けっして小さい方ではないのだけれど、貝殻が厚いために取り出す中身が小さいのだ。今回雑賀崎から来たミヤコボラは2つ。これでは2かんは無理。しかも握るに難易度高しなのである。いやいやをする、寿司職人たかさんをなだめながら、結局1個で1かんとなって出来上がったのがコレ。見た目は悪くなったが味はとてもよかった。ミヤコボラはやや軟らかくワタが甘い。そしてその全体の味わいがすし飯に合うのだ。結果よしだよ、たかさん。

寿司ネタ(made of)

ミヤコボラ

ミヤコボラ
非常に地域的な水産物。
大阪湾から紀伊半島、瀬戸内海に多いもの。
この地域では庶民的な巻き貝で、スーパー、魚屋さんなどに普通に見られる。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。