寿司図鑑 312貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

アラスカメヌケ

あらすかめぬけ / アラスカメヌケ
アラスカメヌケ
握り

市場で見かけるのは冷凍か加工品ばかりという魚があるが、アラスカメヌケのそのひとつ。輸入品が多く、「赤魚」と書かれているのはほとんどが本種である。これほど輸入が盛んなのは当然うまいからで、生のものはさぞやうまいだろうな、と思っていた。そんなときに銀座『黒尊』さんから「函館の業者から送らせましたから」と魚が送られてきて、中にあったのが鮮度抜群のアラスカメヌケなのだ。持ち込んだ『市場寿司 たか』で卸す切れっ端を食べてみて思わず声が出た。「これが赤魚の本当の味だね」。たかさんも同意見。握りにしても「これはイケルね。身に甘味がある。すし飯の邪魔をしない柔らかさだし」とたかさん。その甘さというかまったりした味わいが独特なのだ。これを『市場寿司 たか』でお客に出したところ反応もよし。近海の目抜けとしてもっと珍重してもいいのかも?

寿司ネタ(made of)

アラスカメヌケ
Pacific ocean-perch

アラスカメヌケ
1960年前後に北洋、ベーリング海、アラスカ湾で大量にとれたもの。1968年には15万トンも漁獲している。
日本の漁船で漁獲していたのが、アメリカ、ロシアなどからの輸入になり、小型なので値段も安く、漬け魚などに加工されてスーパーなどに並んで・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。