寿司図鑑 313貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

白子/マダラ

しらこ/マダラ / マダラ
白子/マダラ
軍艦巻

特上のマダラがあるとする。箱にはオスとある。キロあたり2500円とは高すぎるのではないか。4キロ以上の大物であり、1本1万円を超えてしまうのだ。いいなコレ、っと見ていると市場仲卸の兄ちゃんが「安い買いもんだろ、コレ、白子が1キロも出てきてみろ。身の方はほとんど丸儲けだぞ」って言うんである。アラスカやカナダからの白子でキロあたり3000円。国産なら2倍以上するだろう。彼の話もまんざらウソではない。でもとても1万うん千円は出せない。仕方なくアラスカ産白子500グラム、1800円なりを『市場寿司 たか』に持ち込んだ。まず生でポン酢。「うん、なかなかイケルね。これなら軍艦にできる」、たかさんの判断でネギ、小皿にポン酢を用意した。まずポン酢で握りは明らかに酢が勝ちすぎる。スダチをかけて生醤油でパクリというのがいちばんうまかった。とろっとした甘味の強い白子、これがすし飯をくるみ込むような食感で寒の寿司として見事。

寿司ネタ(made of)

マダラ
英名/Pacific cod, Gray cod

マダラ
関東以北では古くから寒い時期の鮮魚としてもっとも重要なもの。汁に鍋(たらちり)材料に寒い時期に欠かせない。需要の高さからアメリカなどからも輸入してまかなっている。生、塩蔵、フィレ、乾物など様々な形態で入荷してくる。
本体よりも珍重されるのが・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。