寿司図鑑 314貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

モンツキイシガニ

もんつきいしがに / モンツキイシガニ
モンツキイシガニ
握り

珍しいはずの生き物が食べるほどに獲れ始めたらありふれた存在と成り下がるわけだ。こうなるとうまいかまずいかが問題となってくる。そのうまいか? まずいか? の評価が定まらない状態にあるのがモンツキイシガニである。本来は琉球列島など熱帯域にいるはずのカニで一時はとれるとニュースになるほどの希種。それが市場に出荷するほどとれたときには値段は雑魚としての評価しかない。結局、魚貝類の価値というのは評価が定まるまでは低いのだ。そこで今回は、たかさんとともにじっくり味わってみた。「ミソも身もいい味してるね。わたり(ガザミ)と比べると落ちる、それに身が少なくないかな」というのが結論なのだけど、旬がわからないので寒い時期の限定的な評価である。当然、寿司にしてもカニとしてうまいものであった。

寿司ネタ(made of)

モンツキイシガニ

モンツキイシガニ
海水・汽水域。
千葉県、大阪湾、土佐湾。台湾など熱帯太平洋。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。