寿司図鑑 323貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

ホシササノハベラ

ほしささのはべら / ホシササノハベラ
ホシササノハベラ
握り

ベラ科の魚を雑魚としか思っていない関東の市場や飲食店。当然、値段も安い。今回のホシササノハベラは和歌山県串本からきた入り会い(何種類かの魚を混ぜ合わせて一箱にしたもの)。ただでさえ安いものがもう一段下の手頃すぎる値段となっている。誰も手を出さないので、全部いただきました。アカササノハベラ混じりで5匹。そのホシの方を『市場寿司 たか』に持ち込んだのです。「この細長い方のベラは悪くないよね」といいながらあっという間に2かん。ふたりで食べてみて驚いた。初夏が旬だと思っていたのに旨味があるし、身にとろっとした脂が微かだが感じられるのだ。「おいしいじゃん」とたかさんが言うのにうなずいて、もう一本、たかさんに手渡したのだ。

寿司ネタ(made of)

ホシササノハベラ

ホシササノハベラ
古くはササノハベラ2種(アカササノハベラ、ホシササノハベラ)は1種類であった。
流通上、漁業対象としては2種は区別されない。
関東ではベラ自体が安くて雑魚であるが、本種も同様。
ほぼ流通しない。
西日本でもキュウセンほどは馴染みがない。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。