寿司図鑑 381貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

つくし/オニヒゲ

つくし / オニヒゲ
つくし/オニヒゲ
握り

市場をまわってめぼしいものが見つからなくて『市場寿司 たか』へお茶を飲みに立ち寄った。「今日、何もないよね」というと、たかさん「つくしって知ってるかな。あのさ昔持ってきたよね。沼津だっけ。黒くて顔の尖ったヤツ」。「黒くて顔の尖ったヤツ」、そして沼津ならトウジンに違いない。でも「つくし」とはなんぞや? さっそく仲買に走る。そこにあったのはやはりトウジン? でも頭部をさわってみるとウロコの棘がきつく変である。産地を聞いてみると「三陸」だという。これがオニヒゲだったのだ。マダラが減少して岩手県では新しい漁獲対象として注目しているとある。『市場寿司 たか』にもどると、「オレは好きだな。あっさりしていて、うまいよこれ」と2かん。確かに上品な白身で、そこそこ旨味脂がある。たかさん共々新ネタとして有望であると確信。「つくし」というのは岩手県宮古での呼び名。これは形がほんの一寸ほど顔を出したツクシん坊に似ているためだとみた。

寿司ネタ(made of)

オニヒゲ
Ogre grenadier

オニヒゲ
岩手県、宮城県など遠洋漁業の基地となっている漁港などにまとまって水揚げされる。
通常は練り製品などの原料となるものだが、少量だけ鮮魚で流通する。
味がよいので知る人ぞ知る魚。もっと鮮魚として活用して欲しいものでもある。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。