寿司図鑑 435貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

白川/シロアマダイ

しらかわ / シロアマダイ
白川/シロアマダイ
握り

沼津魚市場で出合ったとき、一瞬それがシロアマダイには見えなかった。淡い朱色のまでは何度も見ているが、それはもっと赤い。考えてみると「白甘鯛」という名の「白」は遠路運ばれて日にちのたったものからつけた。本来、生きているときには赤い魚なのだ。その日港に揚がったシロアマダイがたった2匹、しかも小振りである。でもこの魚、小降りだから手が出るのだ。水揚げ地の沼津でも大きいと1万円(キロあたり)近くする。すると仲買でも1万円を超えてしまって、築地などに行くといかなる値になるのか想像を超えそうだ。それを「市場寿司 たか」に持ち込んで5、6かん握ってから「そう言えばこれ(赤)アマダイだっけ」とたかさんが聞いてくる。「白川(シロアマダイの市場での呼び名)だけどね」。「あれ、白くないね」。卸した皮を見ながら驚いている。「初め古い売れ残りのアマダイかと思った。でも卸してみると身もしっかりしてるし。味もいいね。最初うまくないな、と思ったら後から旨味がくる」。「うまさが春の小川のようにくるね」、「ああサラサラくるよね」。それで後々までアマダイ特有の風味がある。「うまいね」。

寿司ネタ(made of)

シロアマダイ
Tilefish

シロアマダイ
割烹料理店などで焼きもの、蒸し物、椀種などになるもの。
一般家庭で料理することはまずない。
アマダイ3種(アカアマダイ、キアマダイ、シロアマダイ)のなかでもっとも高級とされている。
またもっとも浅い砂地に生息している。
現在でも高級品であり・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。