寿司図鑑 1260貫目

シロアマダイの昆布締め握り

しろあまだいのこぶじめにぎり / シロアマダイ
シロアマダイの昆布締め握り
握り

価格ランク

超高級

 流通する魚類の中でももっとも高価なもののひとつ。なかでも秋から冬の2キロ前後のものには信じられないほどの高値がつく。買うときは清水の舞台から飛び降りる覚悟がいる。ただし春になると、やはり超がつくほどには高いものの、決して手の届かない存在ではなくなる。
 今回のものは1.8キロの長崎県産。これを昆布でしめて握りにする。江戸前ずしにとって昆布締めがどのような位置づけになるのか、歴史などはわからないが、今、すし職人はしばしばこの昆布締めを作る。振り塩をして半日寝かせて、昆布に包み込む。そしてまた数時間。
 切りつけた身にはほんのりと塩味がして昆布の風味が後から来る。握りにすると昆布の風味とすし飯の味がいっしょくたになって、これが絶妙である。しかもシロアマダイのうま味が実に豊かに感じられる。
 官能的な味の一かんである。たまりませんなー。
2013年05月10日

寿司ネタ(made of)

シロアマダイ
Tilefish

シロアマダイ
割烹料理店などで焼きもの、蒸し物、椀種などになるもの。
一般家庭で料理することはまずない。
アマダイ3種(アカアマダイ、キアマダイ、シロアマダイ)のなかでもっとも高級とされている。
またもっとも浅い砂地に生息している。
現在でも高級品であり・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。