寿司図鑑 446貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

銀鏡/ギンカガミ

ぎんかがみ / ギンカガミ
銀鏡/ギンカガミ
握り

渡した途端に「なんだこれ」と予想通りの表情を見せてくれた。「たかさん、可愛いでしょ」、「可愛くはないけど変な魚だな。ペラペラ。まさかこれを握れっての」。体長13センチほどだからギンカガミとしても小振り。ときどき入荷してくる干物だと20センチくらいあるから、まだ子供だろう。そして苦労して出来たのが一匹で2かん。2匹いるので合計4かんである。たかさん、不機嫌そうに食べて「まあいける方だろ、味はアジに似ているな」。確かにギンカガミはアジに近い種なので「やるな、たかさん」とほめておく。「でも旨味も、脂もないな。うまくない」。そのとおり、これにつけ加えるところはあまりない。あえて言うと旨味はアジに劣るということ。マアジだと大小関わらず特有の旨味を持っている。ところがこちらは小振りのせいか、まったく個性を感じない。「相模湾じゃあ珍しい魚なんだよ」、「じゃあ博物館にでも寄贈しましょうよ」とたかさんわめく。

寿司ネタ(made of)

ギンカガミ
英名/Moon fish

ギンカガミ
西日本に多い魚。
関東などではあまりまとまってとれない。
鮮魚で出回ることも少なく、食用としての認知度は非常に低い。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。