寿司図鑑 458貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

ホウズキ

ほうずき / ホウズキ
ホウズキ
握り

植物と動物が名を同じくすることは多いのである。アカザは草の名、ゴンズイは植物では灌木(背の低い木)の名、ヒイラギもそうである。そして赤い魚のホウズキは赤い実をつけるホオズキと同じである。「赤い」ということで酸漿になぞらえたのだろうか? 見た目はアコウダイそっくり、やや小振りであまりまとまってとれない。だいたい産地でもアコウダイとホウズキを区別しないでときには「アコウダイの子」なんて言われる。そして味わいだけれど「前にね、メバル(ウスメバル)やったよね。カサゴやアコウダイよりそっちに似てるね」とはたかさんの評価。充分うまいのだけれど白身で上品すぎて個性がない。「でも握りとしてはいいと思うね」とは握り寿司は決して単体では味わうことがないからだ。そして何かんものホウズキをなんども口に放り込んで思うに江戸の昔に白身魚の寿司が本来なかったのは「寿司は魚の風味渋みクセを味わうもの」なのであるということ。でもでもホウズキはまごうことなく握りにして「うまい」。違いないぞ!

寿司ネタ(made of)

ホウズキ
Honeycomb rockfish

ホウズキ
アコウダイにそっくりで少し南の海域に生息していて、少し小振りである。相模湾などではアコウダイに混ざるが、和歌山県や四国では本種の方が多くなる。九州ではほぼ本種とみて間違いないと思う。
アコウダイ、オオサガなど赤い深海性「目抜け」類は総て高価・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。