寿司図鑑 466貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

蛤/ハマグリ

はまぐり / ハマグリ
蛤/ハマグリ
握り

ハマグリはどこにいるんだろう?
これがボクの目下の悩みである。
戦後、高度成長期と、浅い干潟、砂浜は国の手でほとんど埋め立てられてしまった。
この干潟がハマグリの生息する場所なのだ。
「ハマグリはほとんど絶滅状態だ」という人もいる。

当たり前だけど、我がデータベースにもこれは間違いなくハマグリだと思えるものがないにひとしい。
そんなときハマグリに違いないと思われるものが、鹿児島県笠沙のわかしおさんから送られてきた。

南さつま市加世田吹上浜でとれたものだ。
でも小さい。
わかしおさんに言わせるとときどきでっかくてビックリするようなのがいるらしいのだが、それは希だという。

これを煮蛤(にはま)にして「市場寿司 たか」に持ち込む。
「なんだこれ、ちっさいな。1、2、3個と、これでいいか」
殻をむき、酒、砂糖とほんの少しの薄口醤油で20秒ほど煮て、一度取り出して、冷えた煮汁に漬け込んでおいたもの。

これが非常にうまいのである。
「味が上品だね。アサリとは違って品格がある、さすが小さくてもハマグリだね」
たかさん、とても気に入ってくれたようだ。
当然、握りにしてもうまい。
小振りすぎてもの足りないがハマグリの旨みは十二分に楽しめる。

寿司ネタ(made of)

ハマグリ
Japanese hard clam, Common orient clam, White clam

ハマグリ
ハマグリ属について
浅い砂地などに普通の二枚貝。
国内にはハマグリ、チョウセンハマグリがあり。
輸入ものには中国・韓国などからのシナハマグリが、台湾からのタイワンハマグリが、東南アジアからのミスハマグリがある。
本来内湾性・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。