寿司図鑑 465貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

尾鷲市「すし処一重」の正月の寿司

「すしどころいちじゅう」のしょうがつのすし / サンマ & マアジ
尾鷲市「すし処一重」の正月の寿司
その他 Others

三重県尾鷲市にあって「一日一魚」を作成する岩田昭人さんはボクにとってまさに先生のような人である。どうして先生かというとその毎日の文章から得ること膨大だからだ。その岩田さんとケータイで話しているときに出てきたのが「一重」の正月用の寿司なのである。どうやら押し寿司、もしくは切り寿司といわれるたぐいのもので、高菜を使ったところが特徴だという。それが今朝、まさに朝寝坊の遅めの朝ご飯でも食べようかというときに到来した。その荷物を開けて、まず妻が驚きの声を上げる。「きれい」。この「きれい」は華美というのではなく日本の伝統的なものに繋がるような美しさなのだ。玉子焼きにニンジン、絹さや、干しシイタケ、魚はサンマとマアジのように思えた。そして裏返すと表葉の赤い高菜が張り付いている。この高菜が寿司の仕切となっているのだ。思わず食べてしまいそうになるのを我慢。じっくり撮影して、堪えきれなくなって行儀悪く手でつまんだ。これがなんとも優しい甘さの、そして煮染められた野菜との調和のとれた見事な味わいなのである。たったまま2つ。お茶を入れてまたまた2切れ。それほど大食いとは思えない妻も三切れ目を食べている。思わず尾鷲に行きたくなる「一重」の正月寿司である。

寿司ネタ(made of)

サンマ
Pacific saury

サンマ
サンマには日本海産と太平洋産がある。一般的にサンマというと太平洋を回遊するものをさす。
古くは塩蔵か干ものとして食卓をにぎわせていた。江戸時代江戸の町で食べていたものも、また山間部などに送られていたものも干もの、もしくは塩蔵品だ。また江戸の・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

寿司ネタ(made of)

マアジ
Japanese horse-mackerel, Japanese jack mackerel

マアジ
北海道〜九州までの沿岸域で群れを作る。
アジ科には多数の食用魚があるが、その代表的なもの。単に「アジ」というとマアジのことだ。アジの語源は「味」にあり、「味がいい」からだとも。
産卵期が長いので日本各地で年間を通しておいしいものがとれる。た・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。