寿司図鑑 488貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

黒目抜け/クロメヌケ

くろめぬけ / クロメヌケ
黒目抜け/クロメヌケ
握り

北海道紋別、オホーツク海でとれたクロメヌケを前にして「なんだか薄汚れた魚だね」、ぽつんと呟きながら、あっという間に握りが2かん。遙か紋別から来たために鮮度はベストではない。でも寿司にするには、充分に新しいのだ。ただどうにも見栄えの悪い魚である。しかも顔つきに味があるとか、笑えるとかなら救いがあるが、どこにも特徴のない風貌と来ている。味がいいのに、これで一段も二段も低い評価しかない。身だって鮮度が良くても白濁して、血合いも濃いのだ。「まあ、見てくれは悪いけど、味はそこそこいける。将来化けるでしょう」ボクがフローすると「何言ってんだろうね。今の世の中、これじゃ一生うだつの上がらねーよ」。たかさんの言うが如く、じっくり味わえば旨味があるのだ。そこに微かに脂からくる甘味。すし飯との相性もいいのであるから、優れた魚だ。見た目は二の次よ。これは人間様も同様ある。

寿司ネタ(made of)

クロメヌケ
Gray rockfish

クロメヌケ
ほとんどが北海道東部、オホーツク海沿岸で水揚げされている。
豊漁不漁の波があり、ときにまとまって水揚げされる。
関東などにも入荷をみるもので、見た目の悪さから値段は安値安定。
大きくなる魚で歩留まりもよく、クセのない白身で鍋物などにも利用出・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。