寿司図鑑 596貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

三河湾産鳥貝/トリガイ

みかわわんさんとりがい / トリガイ
三河湾産鳥貝/トリガイ
握り

三河湾の海の幸が食べたいな、と思ったら毎味水産の社長にお願いするしかない。
 最近はつとにそう思う。
 名古屋と言えばエビフライなんていう。
 この常套句が生まれたのは、名古屋からほど近い三河湾でエビが大量にとれるという前提があるからこそだ。
 その三河湾が生み出すのは当たり前だけどエビだけではなく、カニもタイラギ、トリガイ、アサリのような二枚貝も豊富なのだ。
 特にここ数年豊漁なのがトリガイ。
 ある日、我が家にやや簡素でそっけない冷凍トリガイが送られてきた。
 明らかに毎味水産の藤井務社長からのプレゼントだ。

 発泡トレイのトリガイを解凍すると、すでに開いて湯引きしたものだった。
 解凍して初めて、この小さなパッケージに大量のトリガイが詰まっているのがわかる。
 当然、『市場寿司 たか』に持ち込む。
 あまりに簡便な容器に最初は怪訝な顔つきだったが、たかさん、一枚食べて、すぐに笑顔になる。
「うまいね。ちょっとパックと、この味に差がありすぎるよね。これ仲卸においてあるトレイにのせたらいくらになるんだろう。オレは高くても買うね」
 それほどに甘味も、旨味も弾力も強いのだ。
 毎味水産はもともとエビなどを冷凍加工するのが得意なのだ。
 それをトリガイにも生かしただけなんだろう。
 驚くのは、その味わいだけではない。
 トリガイでなにより嫌うのが、表面の真っ黒な色素が剥げること。
 また、トリガイの色素は手などで触ると、すぐにとれてしまう。
 それが毎味水産のトリガイは真っ黒なのだ。

 大急ぎで、たかさん握りに仕立てる。
 四、五、六かん、幾ら食べても食べ飽きない。
 甘味の強さは生みたいだ。

 さっそく藤井社長にお礼の電話をいれる。
「おいしいトリガイありがとうございました」
「おお着いたか。ウチのはうまいじゃろ。とれたばっかりのをすぐに加工したでね。またいいのがあったら、おくっちゃるけんの」
「次は“あかしゃえび”お願いしますね」なんて、ちょっとずうずうしかったかなー。
 
毎味水産
http://kotomi-suisan.jp/

寿司ネタ(made of)

トリガイ
英名/Egg-cockle,Heart-shell

トリガイ
比較的流通漁が少ない高級な二枚貝。
値段の上昇は握りずしの普及による。
江戸時代に握りずしが誕生して以来の代表的ネタで、高級なすし店がこぞって使うもの。
1個の貝から1個の握りしか出来ないので、余計に高級なものとなる。
一般にはほとんど出回・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。