寿司図鑑 733貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

ごっこ/ホテイウオ

ごっこ / ホテイウオ
ごっこ/ホテイウオ
握り

ホテイウオというのはメスが高くて、オスの値段は安い。
 メスの価値を高めているのが真子の存在。
 身を食べる限り、オスの方が上である。
 普通は鍋や汁にする。
 ときに煮つけにもするらしいのだけど、寿司ネタにはならないだろう。
 たかさんも「あんまり無理(工夫)しても寿司ネタが出来るわけじゃないよ」なんて最近まずい寿司ネタを連続して持ち込んでいるために、「ごっこ」を話を始めた時点で嫌々、嫌な顔をする。
 それでも懲りないのがボクのいいところ。
 一キロほどのオスを三枚に卸して、湯引きにする。
 これをさらっと煮つけて、ようするに「煮ごっこ」にして持ち込んでみる。
 食べてみてうまかったのが肝。
 これもちゃんと添えて、たかさんに差し出したのだ。
 出来上がりは、なかなかきれいだ。
 ちょこんと肝がのっているのもいいじゃないか。

「たかさん、食べてみてよ」
「もう食べたよ。うまくない」
「そうかな」
 口に入れて、よくよく味わってみる。
 なんと身には味らしき味がない。
 ちょっと肝のうまみにすくわれるけど、なんのために「ごっこ」を使ったのかわからない。

「ごっこの握り、うまくない。これが結論です」
「まあ、まあ、今度はもっと別のやり方でやってみようよ」
「こりないヤツだねー」

寿司ネタ(made of)

ホテイウオ
英名/Smooth lumpsucker

ホテイウオ
現在関東では比較的よく見かけるものとなっている。
食べ方を知る人も増えてきており、冬を感じさせる魚のひとつだ。
市場などに通うプロにはお馴染みだが、まだまだ一般的には馴染みがない。
徐々にだが、デパート、魚屋、スーパーなどで見かけるようにな・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。