寿司図鑑 774貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

イトウ

いとう / イトウ
イトウ
握り

25年ほど前、北海道函館でイトウを見つけた。
 市場の片隅の店で「イトウ有ります」なんて書いてある。
 うれしさに飛び上がり、よく見ると切り身になっていた。
 残念至極だが、切り身1800円なりを買い求めてきて、友人と二人、焼いたり、フライにして食べてみた。
 これがなかなかいける味なのだ。

 それ以来、イトウには切り身ですら出合っていない。
 もう無理かなと思っている今日この頃、八王子綜合卸売協同組合『マル幸』の前を通りかかると、おむすびハゲ君が「待ってました」と声をかけてくる。
「これはなんでしょう?」
 なんとそれは、
「イトウじゃない」
 北海道厚岸産。
 キロ当たり1800円で重さ3.47キロ。お値段にして6558円なれど「当然買う」。

 買って撮影して、刺身で、ムニエルで、フライにして、ついでにマリネーにして食べる。
 それでも余ったので、知人にお分けした、当然握りにもしてみた。

 腹の部分はうまかった、が寄生虫の可能性が高そう。
 背の部分をあぶって握りに。
 たかさんが一個食べて、これはだめだという顔をする。
 その通りで旨味が少なく、脂もないので府抜けた味わい。
 イトウを握りにするなら、スモークするとか、酢締めにするとか、いろいろ工夫が必要な気がした。

 それでもイトウを手に入れた興奮は冷めない。
 まだまだ冷蔵庫には残っている。
 もっとあれこれ料理してみなければ。

寿司ネタ(made of)

イトウ
Japanese Huchen

イトウ
釧路湿原にいる大魚というイメージがあるものの食用としては非常にマイナーな存在。
近年、青森県などで養殖されるようになったので、食用魚としてである機会も増えるかも。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。