寿司図鑑 802貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

黄金斑曹以/オウゴンムラソイ

おうごんむらそい / オウゴンムラソイ
黄金斑曹以/オウゴンムラソイ
握り

その昔、1種類であったムラソイが、何種類かに分かれる、その途上にあって、これがなかなか難しい。
 ただし食べる分にはみな目立たない、とてもうまそうにも思えない、地味な魚なので、一緒くたに考えても差し支えはない。
 ようするに目立たないカサゴに似た魚で、その黒々した地に黄金色の斑点が散らばっている。生息域はムラソイ類としてはやや北にいるもので、市場には岩手県などからやってくる。
 カサゴに似ていて、カサゴのたぐいなのだから、まずいわけがない。
 透明感のある白身で、味わいも上品しごく。
 ただ刺身にして旨味に欠ける、もの足りない。
 だから我が家では焼き切りにする。
 皮をつけたまま直火であぶる。
 これを氷水にとり、水分をよくよーく拭き取って刺身上に切るのだ。

 この半身を『市場寿司 たか』に持ち込む。
 たかさん、皮付きの半身を見て、まずは一文句。
「カサゴなんかで皮付きだと、すし飯との相性が悪いんだよな」
 まあとにかく、握ってもらったら、まさにその通り、すしネタとしてはうまい。
 身の味気なさを、皮下の旨味がじわりと浮き上がって、なかなかうまい。
 でも味わっているうちにすし飯が消え去ってしまうんだよな。
 しかもあぶった臭み(香りかな)が強く出過ぎている。

 すしネタというのは、うまいだけじゃ、ダメなんだなと、今更ながらに思い知る。

寿司ネタ(made of)

オウゴンムラソイ

オウゴンムラソイ
ムラソイはムラソイ、ホシナシムラソイ、オウゴンムラソイ、アカブチムラソイの4亜種がムラソイ、オウゴンムラソイの2亜種に統合された。ホシナシムラソイはムラソイのアカブチムラソイはオウゴンムラソイのジュニアシノニム。ただし個体の大きさと斑紋の違・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。