寿司図鑑 836貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

土穿/ツチホゼリ

つちほぜり / ツチホゼリ
土穿/ツチホゼリ
握り

仕事で回った築地場内イリヤマイチ斉藤で見つけたのがこれ。
なんとツチホゼリ。
まるで妖怪のような名前だが、姿はいたって素朴。
ぜんぜんハタに見えないところも面白い。

ハタに見えないが、下ろしてみるとやはりハタ。
白身で身がしっかりと締まって硬い。

「たかさん、これよろしく」
「なんだい」
「ツチホゼリ」
「なにキツツキ」
「ツチホゼリ」
「キズホテリ」
「ツチホゼリ」
「メスホゼリ」

まあハタということにして、二かん。
今回は青山一丁目にある『べにや』でお借りした漆の足つきの器に乗せてみた。
立派な器にのせたためかとても美しい。
そして食べてもうまい。

どうしてハタは白身なのにこんなに旨みが強いのか?
まことに不思議。
その上、そんなに新しくないのに、シコっといい食感をしている。

「たかさん、うまいね」
「うまいよこれは、ハタの味がするね」
半身渡したので黒板に「メスホテリ」と書いている。

寿司ネタ(made of)

ツチホゼリ
Speckled blue grouper , Purple Rockcod

ツチホゼリ
主に琉球列島、小笠原などで水揚げされている大型のハタ。外見的にハタらしくないと感じる人も多い。熱帯に多く相模湾、駿河湾などでも見ているが希。
ハタ類として非常に高価で、関東には主に小笠原からの入荷が多い。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。