寿司図鑑 1529貫目

平貝のあぶり

たいらがいのあぶり / タイラギ
平貝のあぶり
握り

価格ランク

高級

 最近、タイラギに惹かれる度合いが強くなっている。その独特の苦みがなんともいえないほどに好きなのだ。
 愛知県産の大きなのを1個買い求めて、市場寿司に持ち込む。
「たまにはあぶってみようか?」
「切りつけてあぶるの?」
 ボクがうなずくと、たかさんはさっさと切りつけてあぶる。まだ微かに温かみがあるうちにつまむ。
 そうだ、タイラギのあぶったときの香りも素晴らしい。
「やっぱり貝って完全な生よりも、少し熱を通して方がうまいだろ」
「そうだね。渋みや甘味も強くなってるし、食感もいい。ウットリだよ」
「この大きさだと高いだろう」
 いい値段だった。すし屋でお願いするといかほどだろう。
「やっぱり市場寿司に限るね」
「1かん、千円ね」

寿司ネタ(made of)

タイラギ
Pen-shell, Fan-shell

タイラギ
タイラギ類総論
タイラギは国内で食用になる二枚貝としてはもっとも大型になる。
ただし一般に食べる部分は貝柱のみ。
ヒモなどを食べるのは比較的関東などでは希である。
大きい貝殻に一個だけの貝柱を食べるために、非常に高価なものとなる。
一般には・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。