寿司図鑑 1010貫目

ハマトビウオのあぶり

はまとびうおのあぶり / ハマトビウオ
ハマトビウオのあぶり
握り

価格ランク

並

冬になると市場で見かけるようになり、春に最盛期を迎えるので「春トビ」などと呼ばれる。トビウオ科のなかでももっとも大型になる。
くせのない白身で上品ではあるが、もうひと味足りないというもの。
身より皮に味があるので、皮目をあぶって握る。
トビウオの微かな苦みを持った味に、皮のうま味が加わり、すし飯に負けない味。
すし飯との馴染みもよく、とてもうまい一かんとなる。

寿司ネタ(made of)

ハマトビウオ
Japanese giant flyingfish

ハマトビウオ
トビウオ科では最大種。大きいので「大トビ」、断面が正方形に近いので「角トビ」、春に入荷するので「春トビ」などと呼ばれる。主な産地は東京都諸島部(八丈島)、鹿児島県、宮崎県など。市場には厳寒期から春いっぱい入荷があり、最盛期は春。
大型なので・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。