寿司図鑑 1009貫目

ウスメバルの握り

うすめばるのにぎり / ウスメバル
ウスメバルの握り
握り

価格ランク

高級

一般にウスメバルは「沖メバル」と呼ばれている。クロメバルなどと違い沖合にいて、青森県をはじめ東北でよくとれる。
煮つけにする魚だと思われているが、意外に生で食べても美味しい。
ほどよい硬さで身に甘みがある。
当然、すし飯との馴染みもよくて実に美味。

寿司ネタ(made of)

ウスメバル
Goldeye rockfish

ウスメバル
浅い岩礁域にいるメバル(クロメバル、シロメバル、アカメバル)と比べると沖合の深場にいるために沖メバル、もしくは色合いから赤メバルと呼ばれる事が多い。古くは浅海域にいる黒いメバル(クロメバル、アカメバル、シロメバル)と比べると味が劣るとされて・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。