寿司図鑑 1034貫目

キュウセンのあぶり

きゅうせんのあぶり / キュウセン
キュウセンのあぶり
握り

価格ランク

やや高級

キュウセンは関西や瀬戸内海沿岸では「ぎざみ」。主に西日本のすしダネなので「ぎざみのあぶり」とした方が正しいかも知れない。
新年明けて入荷してきたキュウセンを握りにする。旬は晩春から夏。
旬を外したキュウセンの身は柔らかくて、やや水っぽい。
ただし皮に独特の風味とうま味があるので、これをあぶってすしダネにする。
口に放り込むとほのかな皮の香りと風味がきて、身がほんのりと甘い。
すし飯との相性もいいので、完成度の高い一かんとなる。

寿司ネタ(made of)

キュウセン
Multicolorfin rainbowfish, Wrasse

キュウセン
浅場にいる小魚で性転換することで有名。
大きくなって雄になり青くなったものを「青べら」、小振りの小さいものを色合いから「赤べら」などという。
西日本で人気があり、東日本ではほとんど価値がない。
特に瀬戸内海一帯では食用としても、釣りものとし・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。