寿司図鑑 1046貫目

アイブリの握り

あいぶりのにぎり / アイブリ
アイブリの握り
握り

価格ランク

並

アイブリは比較的温かい地方の定置網で揚がる魚。
アジ科なのだが、むしろマナガツオのような身質で、実に味がいい。
当然、生で美味。ほどよい軟らかさなので、すしダネとしても優れものだ。
うま味、甘味は十二分にあり、すし飯との馴染みもいい。
値段は手頃であるのに、握りとして主役級である。

寿司ネタ(made of)

アイブリ
Blackbanded trevally

アイブリ
定置網などに紛れ込むもの。珍しいものではないが、1匹、ないし数匹しか一度にとれないので、商品価値は低い。ただサワラやマナガツオに近い白身で嫌みがなく美味。
産地などだけでなく、もっと広く認知されてもいい魚だと思っている。ちなみに産地や流通上・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。