寿司図鑑 1108貫目

オオホモラの握り

おおほもらのにぎり / オオホモラ
オオホモラの握り
握り

価格ランク

やや高級

すし職人、渡辺隆之さんは本種を手に持って「こりゃカニか?」と聞いてきた。
「一応カニだけど、だれも食べたことはないと思うよ」
というと、殻を剥き、さっさと握りに。
「一緒に味見しよう」というといやいやするので無理矢理、口に放り込み。
「なんとなく不安だけどうまいな」
確かに大きさの割りに食べられる部分が少ないものの、実にうまい。
ほどよい身のほぐれ感ですし飯との馴染みもいい。
うま味豊かなのですし飯に負けないで味を主張して、よきほどに口中から消えていく。
「タラバガニがキングなら、これは殿様じゃ」といった一かんである。

寿司ネタ(made of)

オオホモラ
Japanese deepwater carrier crab

オオホモラ
ホモラの中では大型のもの。
非常に珍しいもので、食用とはしない。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。