寿司図鑑 877貫目

チヒロダコの桜煮の握り

ちひろだこのさくらにのにぎり / チヒロダコ
チヒロダコの桜煮の握り
握り

価格ランク

並

一般的に「たこ」と呼ばれているのは国内ではマダコにミズダコ、ヤナギダコ。
ここに小型のイイダコ、テナガダコなどがある。
これ以外に底曳き網のある静岡県沼津などで水揚げされているのがチヒロダコである。
漢字で「千尋鮹」で「尋」とは大人が両手をめいっぱいに広げた長さのこと。
この千倍の深さから揚がるタコという意味で、「深海性のタコ」なのである。
国内で揚がるタコは高いが、この深海性のタコは水っぽいのであまり値がつかない。
ゆでても煮ても縮んでしまい、うま味や香りも薄い。
ただし、そんな欠点は甘辛く煮ると美点になる。
甘辛く桜色に煮ると、ほどよく柔らかく、しかもしっかりタコの風味がする。
柔らかいのですし飯との馴染みもよく、実にうまいのだ。
職人の仕事が生きる、そんな握りだと考えて欲しい。

寿司ネタ(made of)

チヒロダコ
octopus

チヒロダコ
底曳き網などのある港周辺でのみ流通する。
獲れる量が少なく、一般的ではない。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。