寿司図鑑 878貫目

チヒロダコの塩ゆでの握り

ちひろだこのしおゆでのにぎり / チヒロダコ
チヒロダコの塩ゆでの握り
握り

価格ランク

並

世界的にみても珍しい深海の海、駿河湾でまとまって揚がるのがチヒロダコ。
水深200メートル前後で揚がり、全体に柔らかく水っぽい。
マダコのようにゆでると、やはり水っぽくなるので、塩分を強くして、少し長くゆであげている。
これを握りにする。
タコらしい風味や甘み、うま味は弱めだが、柔らかいのですし飯との馴染みがいい。
まあグルメぶらないで、深海の味覚を楽しんでいただきたい、そんな一かんである。

寿司ネタ(made of)

チヒロダコ
octopus

チヒロダコ
底曳き網などのある港周辺でのみ流通する。
獲れる量が少なく、一般的ではない。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。