寿司図鑑 1153貫目

赤えびの握り

あかえびのにぎり / アルゼンチンアカエビ
赤えびの握り
握り

価格ランク

安

「人気があるが、たちずしでは出せない」というのが、最近のすし職人たかさんの考え方。
一時期、回転ずしで堂々と「ぼたんえび」として握られていたもので、今でも偽物的な存在をぬぐえない。
でも1990年代初めに回転ずしで食べて以来、そんなに悪いイメージは持っていない。
冷凍輸入されたホッコクアカエビ(甘えび)よりも上だと考えているくらいだ。
さて、これをいたって普通の「たちずし」のたかさんに握らせるところにも、おもしろみを感じる。
「扱いやすいエビだよね」
殻を剥いて下面から切り開いて、ワタを取り握るだけ。
だれでも簡単に仕込みができるところも微妙ではある。
さて、握りとしてはいい感じである。
ほどよい甘さと食感。可もなく不可もなし。
合格点をあげたい一かんだが、魅力を感じるかどうかは疑問。
2012年04月17日

寿司ネタ(made of)

アルゼンチンアカエビ
英名/Argentine Red Shrimp スペイン語/ Langostino ドイツ語/Argentinische Rodgamele フランス語/Salicoque Rouge d'Argentine ポルトガル語/Camarão vermelho argentino

アルゼンチンアカエビ
初めて見たのは1990年代のはじめ、回転ずしだったと思う。
ホッコクアカエビ(甘えび)にはない食感があることで、美味しいなと思った憶えがある。

アルゼンチンでいちばんとれるエビ。
1990年代くらいから見かけるようになり、輸入量は不安定で・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。