寿司図鑑 1161貫目

ゆでハナサキガニの握り

ゆではなさきがにのにぎり / ハナサキガニ
ゆでハナサキガニの握り
握り

価格ランク

やや高級

ハナサキガニは生でも握れるが、むつかしいだろう。ゆでたものの、いちばん大きな脚の節の部分からとれる身を握りにするべきと思う。
これをいやがるすし職人も多い。知り合いのすし職人は「たちずしで握るのはズワイガニくらいかな。基本的にはカニ(タラバガニ科も含む)好きじゃないな」と言う。
ズワイガニ、タラバガニは出前で使うことはあるが、ハナサキガニは利用したことがないともいう。
ようするにゆでたエビは普通だがタラバガニ科、カニなどを使うのは希という以上にありえないのだろう。
当たり前だが、関東では、ご当地ネタとの認識があるようだ。
すし職人の意見とは関係なく、私的にも分かりやすすぎる味で、すしを食べるという醍醐味に欠けると思う。
ようするに通好みのすしダネではないということだ。

寿司ネタ(made of)

ハナサキガニ
英名/Hanasaki-crab, king crab

ハナサキガニ
タラバガニ科でもっとも生息域が狭い。
とれる量も少ないため、あまり北海道以外ではあまり目にする機会がない。
むしろ根室などの観光資源といったところだろう。
根室の郷土料理鉄砲汁は本種を利用したもの。
肝膵臓(みそ)も加えて濃厚な味わいを楽し・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。