寿司図鑑 1220貫目

ハコエビ生あぶり

はこえびなまあぶり / ハコエビ
ハコエビ生あぶり
握り

価格ランク

やや高級

 イセエビよりも水っぽいとされるハコエビをどう握るか、たかさんと話し合ううちに「あぶってみるか」ということで、つけた後にバーナーであぶってもらう。口に放り込むと、ほんのり温かく、最初に来たのはエビの風味、あぶった部分に甘味が感じられる。完全に生の部分があるのもいい。
「見た目にも豪華なのがいいね」
「そうだね。ただし歩留まり悪すぎない」
 硬い頭部、足の部分などをぶつ切りにして、みそ汁も作る。これでやっと合格点。
 ハコエビの握りの可能性についてはまだまだ試行錯誤が続く。
2015年05月11日

寿司ネタ(made of)

ハコエビ
Japanese Spear Lobster

ハコエビ
主に産地周辺で消費されている。
刺し網、底曳き網などでとれるもので、イセエビよりも水っぽいとされ、評価が低い。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。