寿司図鑑 556貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

箱海老/ハコエビ

はこえび / ハコエビ
箱海老/ハコエビ
握り

「これプラモデルじゃないの?」。たかさん、巨大なハコエビを持っての感想がこれ。確かにこの奇妙な、どこか昆虫を思わせる作りから、そんな思いが湧いてくるのも当然かも。このエビを150年ほど前に日本に来て初めて見たシーボルトもそう感じただろう。彼は日本からたくさんの甲殻類(エビやカニの仲間)を持って帰っているのだけど、ハコエビは専門家でもないシーボルト自身が世界に新種として記載している。たかさんが身を取り出すと、なかなか美しい薄皮があって、これを生かすために厚切りにして5かんほどの握りに仕立てる。ハコエビはなんども食べているのだけど、やはりエビとしては味わいに劣る。旨味が薄いように思えるのだ。ところが、たかさんは「あっさりしてるんじゃない。イセエビと比べると落ちるけど、うまいと思うな。甘味もあるしね」。そしてつけ加えるに「あなたは、油っこいのとか、塩味がきついのが好きだろ、だからこのエビのよさがわからいんだよ」。そんなことはない。

寿司ネタ(made of)

ハコエビ
Japanese Spear Lobster

ハコエビ
主に産地周辺で消費されている。
刺し網、底曳き網などでとれるもので、イセエビよりも水っぽいとされ、評価が低い。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。