寿司図鑑 1263貫目

クルマダイの握り

くるまだいのにぎり / クルマダイ
クルマダイの握り
握り

価格ランク

並

 クルマダイの「くるま」は平安時代の『今昔物語』などに出ている「火の車」からきたものではないか。炎のように赤くて、どこかしら仏教的な形をしている。
 主に相模湾以西に生息する深海性の小魚で、あまり数がとれない。毎月のように駿河湾の沼津魚市場に水揚げを見に行くが、そのたびに必ずクルマダイが揚がっているが、なぜかそれがいつもぽつんと1尾だけなのだ。それをお願いしてもらってくるのが楽しみだ。なぜなら、この魚、実にうまいのである。
 キントキダイ科の特徴は硬い鱗。この鱗つきのまま皮を引いてしまう。と、中から現れるのは実に美しい白身である。その白身を保鮮紙にくるんで、『市場寿司 たか』まで急ぐ。たかさんに、小さな魚であるからと1尾で4かんの握りをつけてもらう。
「いい味してるね。でもこれなに?」と驚くたかさんに、どうせ教えてもすぐに忘れてしまうに決まっているので知らんぷりをする。
 たかさんはいつわりのない顔で、「うまい」を連発しながら
「少ないながら脂があって、甘さもあるね。後味もいいなー」
 少々軟らかく感じるのは脂がのっているせいだろう。この「軟らかい」は決してもろい、とか脆弱ではない。
 たかさん「今度いつ沼津に行くんだい?」と言わしめるほどの味の一かんである。
2005年10月08日

寿司ネタ(made of)

クルマダイ
Japanese bigeye

クルマダイ
底曳き網、延縄などに混ざるといった魚。
あまりとれないので市場価値は低い。
ただし味は抜群にいい。
今の流通上での荷の立て方が変われば評価が上がりそう。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。