寿司図鑑 1306貫目

マトイシモチの焼霜造り握り

まといしもちのやけしもづくりにぎり / マトイシモチ
マトイシモチの焼霜造り握り
握り

価格ランク

安

 マトイシモチは7〜8cmほどしかないテンジクダイ科のなかでは大型で、沖合にいるのでまとまってとれることもある。まだ確かめていないが、底曳き網のある漁港などの周辺では食用になっているはずだと考えている。
 クセのない上品な白身でほんのりと甘味がある。また皮目に風味があるので焼霜造りにしてつけてもらった。
 握らないでそのまま食べても味わい深い。握ってもらってつまむと、すし飯に負けない個性があり、じんわりとうま味が浮かんでくる。後味もいい。
 小魚ならではの片身づけ(1尾で2かん)で姿もいい。
「これならば、ときどきすしダネで使いたいね」
 たかさんが太鼓判を押すのもわかる気がする。
 今回の魚は金栄丸(和歌山県和歌山市雑賀崎)にいただきました。

寿司ネタ(made of)

マトイシモチ
Ocellate Cardinalfish

マトイシモチ
やや沖合の海底にいるもので底曳き網などでとれる。底曳き網のある漁港周辺でのみ売り買いされている模様。テンジクダイのなかでも大型で、しかもクセのない白身なので、みつけたら買ってみて欲しい魚のひとつ。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。