寿司図鑑 261貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

的石持/マトイシモチ

まといしもち / マトイシモチ
的石持/マトイシモチ
握り

テンジクダイ科には釣り師にお馴染みの憎くきエサ取り名人ネンブツダイやクロホシイシモチなどがいる。コヤツらがテンジクダイ科にあって代表選手面をしているために雑魚というイメージだが、ちょっとデカメで味のいいのもいるのだ。それがマトイシモチ。こいつは20センチ近くなる。これなら刺身にも出来るし、と無理を通して握りに仕立ててもらう。たかさん、思わず1かん食べて、「悪くないけど、印象はいいっていうかな」。確かにクセもないけど味もない。「あなたっていい人ね」と言われていつも振られていた、ぼうずコンニャクのよう。

寿司ネタ(made of)

マトイシモチ
Ocellate Cardinalfish

マトイシモチ
やや沖合の海底にいるもので底曳き網などでとれる。底曳き網のある漁港周辺でのみ売り買いされている模様。テンジクダイのなかでも大型で、しかもクセのない白身なので、みつけたら買ってみて欲しい魚のひとつ。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。