寿司図鑑 1343貫目

クラカケトラギスの握り

くらかけとらぎすのにぎり / クラカケトラギス
クラカケトラギスの握り
握り

価格ランク

並

 沿岸域の浅場の砂地にいる小魚で、実に上質の白身である。ただし上質ではあるが旬を外すと味がない。旬は冬から早春と夏から初秋。この時期の丸々と太ったのを握りにすると、すし飯に負けず甘く、食感もほどよい。
 すし職人をして白身ネタとして優秀だと言わしめるほどの味である。

寿司ネタ(made of)

クラカケトラギス
Grub fish

クラカケトラギス
浅い場所の底曳き網、刺し網などでとれる小魚。
山陰などでは練り製品に加工され、良質なものとの評価がある。
築地場内では最近天ぷら用の魚として人気が出てきている。
産地以外にはめったに出回らないもので、関東では料理店が利用することが普通。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。