寿司図鑑 1344貫目

ベニズワイガニの握り

べにずわいがにのにぎり / ベニズワイガニ
ベニズワイガニの握り
握り

価格ランク

並

 ベニズワイガニの棒肉などを握るということは「立ちずし(個人経営のすし店)」では基本的にやらない。ただし冠婚葬祭などのときに彩りとして使うのだという。
「回転ずしのようでイヤだねー」というのをおして、すし職人、渡辺隆之さんにつけてもらった。見た目もきれいだし、決して味も悪くない。舌に残る甘さなど本ズワイガニに決して引けを取らない気もする。

寿司ネタ(made of)

ベニズワイガニ
英名/Red snow crab,Red tanner crab

ベニズワイガニ
戦後になり漁が開始されたもの。
日本海、東北太平洋側、北海道などでズワイガニよりも深い場所にいて、カゴ漁などでとっている。
普通のカニと違って生の時点で赤いのが特徴。
一時は非常にたくさんとれ、剥き身などを大量に生産、加工していて、インスタ・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。