寿司図鑑 1348貫目

ヒオウギの煮貝

ひおうぎのにがい / ヒオウギガイ
ヒオウギの煮貝
握り

価格ランク

やや高級

 小振りなものだと貝柱だけでは一かんの握りにならない。また剥いたものを買い求めたときなどは、煮てつける。
 剥き、水洗いして水気をきる。これを砂糖、酒、しょうゆ、水を煮立てた地でさっと煮る。一度取り出して、こんどは冷ました地につけ込む。
 これを握るのだが、甘辛い地の味にしっかり貝らしいうま味が浮き上がってくる。あまり硬く締まっていないので適度のすし飯と馴染むので握りとしての完成度も高い。

寿司ネタ(made of)

ヒオウギ
Hioogi-scallop,Noble scallop

ヒオウギ
西日本で養殖されており、色鮮やかなのでお歳暮、正月用として人気があり、各地で観光客などにも一役買っている
また焼いたり、刺身にしたり、同様に観光資源のひとつとなっている。
あまり生産量が多くないので一般的な流通は少なく、地域的な存在でしかな・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。