寿司図鑑 1456貫目

アオチビキの握り

あおちびきのにぎり / アオチビキ
アオチビキの握り
握り

価格ランク

やや高級

 アオチビキの握りを食べるならお早めにと言いたい。なぜなら本種のおいしさを知るプロが増えてきているからだ。築地場内では数年前には、赤ならぬ青い体色に食指が動かないなどと言う仲買さんがいたが、最近では引く手あまたの人気振りである。
 一かんの値段もうなぎ登りに上がるかも知れない。要するにそれほどにうまいのである。食べて手であるボクだけの意見ではない。保守的な職人である、たかさん(『市場寿司 たか』)ですら、
「タイやヒラメが裸足で逃げていくくらいにうまい」
 と、絶賛するほどなのだ。
 焼霜造りなど皮を生かす握りも試してみたが、どうやら素直に握った方がいいようである。
 身に甘みがあってうま味もほどほどで全体に上品である。すし飯との相性も最上級によく、一かんの握りとしての完成度も高い。
 ちなみにこれを『市場寿司 たか』に持ち込むと、
「たかさん、まずは十かんつけて」
 こんなお願いをしてしまう。

寿司ネタ(made of)

アオチビキ
Green jobfish, 藍短鰭笛鯛

アオチビキ
九州などから入荷をみる大型魚ではあるが、入荷量が少なく知名度は低い。非常に味のいい魚だが、評価が低すぎる気がする。現状に数倍の値がついてもいいと思われる。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。