寿司図鑑 912貫目

オオメハタの握り

おおめはたのにぎり / オオメハタ
オオメハタの握り
握り

価格ランク

やや高級

やや深海に生息する小魚で嫌みのない味で、白身としては優秀である。
静岡県沼津などではすしネタとしてもよく使われている。
旬は秋から春。
これをそのまま握りにする。
血合いこそ目立つもののきれいな白身。
思った以上に食感がよく、少ないながら脂があるのか、とろりとする。
やや平凡な味わいながら、強いすしネタ後の白身としては十二分の役割をはたす。

寿司ネタ(made of)

オオメハタ
Silvergray seaperch

オオメハタ
深場で操業する底曳き網で揚がるもので、漁獲量はあまり多くない。そのため産地周辺で主に流通する。関東などの大消費地にも少ないながら入荷をみるが、一定の評価などはない。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。