寿司図鑑 1488貫目

オオミゾガイの水管の握り

おおみぞがいのみずかんのにぎり / オオミゾガイ
オオミゾガイの水管の握り
握り

価格ランク

やや高級

 すしダネになるのは水管と足である。ともに開いて、青柳と同じように仕込む。青柳には湯通しするのと、塩煎りする方法があるがここではゆでてつけた。
 すし職人のたかさんは、
「足はだめだな。味に個性がないっていうか甘味だけじゃね。こっちは食感がいいし、その割りにはすし飯との馴染みもいい。水管だけ◎だね」
「そうかな。足だってうまかったけどね」
 確かに水管の方がつまんで味が多様である。すし飯と合わさっても決して存在感をなくさない。
 足よりも水管って、正解かも知れない。

寿司ネタ(made of)

オオミゾガイ
Dall's razer-clam

オオミゾガイ
ホッキガイ(ウバガイ)漁でとれるもの。
古くは流通の途中で貝殻が割れやすいなど全国的に流通するものではなかった。
現在(2018年)でもまだまだ一般的な認知度は低いが、関東では珍しいものではなくなっている。
味がよく、用途が広く、安いので、・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。