寿司図鑑 1512貫目

アワビモドキの煮貝握り

あわびもどきのにがいにぎり / アワビモドキ
アワビモドキの煮貝握り
握り

価格ランク

並

 1970年代後半から1980年代初めにかけて実際に回転ずしで食べたことがあるが、煮たものがあったかは記憶にない。
 当時は、本物のアワビを食べたことのなかったので、「アワビはこんな味か」と思ったが、多くの方が「偽物」と認識している。それが本種の生の握りを食べたときの思いだった。
 短時間火を通すと歯が立たないほど硬く締まる。かなり長時間煮るか、圧力釜で煮ると軟らかくなる。
 柔らかくなったものはすし飯との馴染みもほどほどで、すしとして食べられるものの、貝らしいおいしさには欠ける。
 若い時代とはいえ、これをアワビと思っていたとは、不思議を通り越している。

寿司ネタ(made of)

アワビモドキ
Chilean abalone,Baranacle Rock-shell

アワビモドキ
1980年代から回転寿司で「アワビ」とされていたものがこれである。本来のアワビであるクロアワビやメガイアワビが古腹足類のミミガイ科であるのに対して、こちらはアッキガイ科と分類学的にも遠い存在。実際にアワビとは違い蓋がある。
むき身にしたとき・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。