寿司図鑑 1521貫目

ジンケンエビの握り

じんけんえびのにぎり / ジンケンエビ
ジンケンエビの握り
握り

価格ランク

並

 本種は静岡県沼津市などの深海底曳き網でまとまってとれる小型のエビである。非常に脆弱で水分が多く、潰れやすくて鮮度落ちが早いというやっかいな代物である。ただし江戸前すし職人の、たかさんは意外に嫌がらずにつけてくれる。
 小振りの物は軍艦巻きに、形が揃えば2、3尾海苔帯でとめてつける。
 ホッコクアカエビ(甘エビ)よりも甘味は強いくらいかもしれない。問題は海苔帯で漬けられるサイズがなかなか手に入らないことくらいだ。
 たかさんをして、「上ネタ」と言わしめるだけのうまさがある。
 産地のすし屋などで見かけたらぜひ味わっていただきたい。

寿司ネタ(made of)

ジンケンエビ
英名/Golden shrimp

ジンケンエビ
ジンケンエビの仲間は世界的に広く分布し、資源量が多く、利用が促進されている小型のエビ。
国内では太平洋側の底曳き網のある港周辺でのみ利用されている。
身体が脆弱で、水分が多いため劣化が早く、あまり流通には向かない。
味はよく、ホッコクアカエ・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。