寿司図鑑 175貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

甘えび/ジンケンエビ

あまえび / ジンケンエビ
甘えび/ジンケンエビ
握り

駿河湾での底引きの主な漁獲物はエビである。その多彩なエビのなかのひとつが「甘えび」と呼ばれるジンケンエビなのだ。細身で小型のエビなのであまり値段の貼るエビではない。当地では熱を通すと甘いので「甘えび」と呼ばれているのだろう、ほとんどが茹でたり、かき揚げになる。このかき揚げがずば抜けて甘くそして美味である。これを江戸前握りの『市場寿司 たか』に持ち込んだ。当然、首をひねったのはエビが小さすぎるからだ。難しいねと3本合わせて握ったのが画像のもの。なんとも美しい握りではないか? この苦心した握りを2、3かん、あっという間に口に放り込んだ。すぐに来たのは甘みである。甘えび(ホッコクアカエビ)と比べるとやや甘みは少なく、また旨味も欠ける。たかさんなど「面倒な割に、もうひとつ魅力がない」という。寿司ネタとしてはイマイチながら、食べてみる価値はあると思う。

寿司ネタ(made of)

ジンケンエビ
英名/Golden shrimp

ジンケンエビ
ジンケンエビの仲間は世界的に広く分布し、資源量が多く、利用が促進されている小型のエビ。
国内では太平洋側の底曳き網のある港周辺でのみ利用されている。
身体が脆弱で、水分が多いため劣化が早く、あまり流通には向かない。
味はよく、ホッコクアカエ・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。