寿司図鑑 31貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

白貝/アラスジサラガイ

しろがい/あらすじさらがい / アラスジサラガイ
白貝/アラスジサラガイ
旧寿司図鑑データの為
握り

この真っ白なサラガイの仲間を初めて見たのは山形県酒田市であった。サラガイ、アラスジサラガイ、ベニザラガイの3種をして築地など関東の市場では「白貝」という。また富山市で入った寿司屋では「万寿貝(まんじゅがい)」なんていっていた。現在関東には北海道からまとまって入荷してくる。味わいは青柳(バカガイ)から苦みと独特の風味を取り去ったよう。残念ながら寿司ネタとしては弱いかなと思っていつもの「市場寿司 たか」に持ち込みました。「初めて使うよ」という、たかさんの評価は意外にも上々。個性はないけど、食感甘みともあり、すし飯との相性も良し。

寿司ネタ(made of)

アラスジサラガイ
英名/Northern great tellin

アラスジサラガイ
サラガイ属はウバガイ漁の混獲物だったもので流通上は「白貝(しろがい)」と呼ばれている。いちばん多いのがサラガイで、次いで本種が多い。サラガイよりも大きくなるので刺身にもしやすい。
北海道の胆振以東に多く、他を圧倒している。
古くは日本海側の・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。