寿司図鑑 72貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

三番叟/イシダイ

さんばそう / イシダイ
三番叟/イシダイ
握り

イシダイは稚魚期にはまことに熱帯魚のようで、黄金色をしておりトゲトゲしく派手なのだ。
少し大きくなると三番叟(さんばそう)、もしくはシマダイ(縞鯛)と呼ばれるようになる。
身体に黒い横縞があり、これが能、歌舞伎の三番叟の装束に似ている。
そのものずばり縞模様の鯛という意味合いでシマダイ。

イシダイは小さくてもうまい。
身がしっかり固く旨みがある。
小振りのものの脂がのるのは冬なので、夏は味が落ちる。
それでもうまいのだな、と改めて刺身で食べて実感した。

今回のものは和歌山県産で、まさに三番叟サイズで体長15センチほど。
我が家用にと寿司図鑑用に7〜8尾、買い求めて『市場寿司 たか』へ。
たかさんと刺身で食べて、
「うまいね」
「うまいよ」
ちょっと意外なうまさに感激して、握りに仕立ててもらう。

「昔はイシダイなんてぜったい漬けなかったものだけどね」
こんなことを言いながら下駄に握りを乗せてくれた。

やっぱり握りにしてもうまい。
シコっとしているのだネタが。
その割にほどよく噛み切ることができてすし飯との相性がいい。
じわりっと感じるのはイシダイの旨みで、ほんのわずかばかり磯臭さがある。

寿司ネタ(made of)

イシダイ
Barred knifejaw

イシダイ
浅い岩礁域にいる典型的な磯魚。少ないながら養殖ものもある。
磯周りにいる魚はおしなべて値を上げているが、イシダイは高値安定であまり高くなりすぎないし、安くもならない。気軽に食卓にのぼる魚とはいえそうにない。
本種とイシガキダイを釣りの世界で・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。