寿司図鑑 191貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

オオモンハタ

おおもんはた / オオモンハタ
オオモンハタ
握り

小振りのハタで少なからず入荷してくるのがオオモンハタである。このハタ、入荷が増えているように思えるが、気のせいだろうか? 海水温が上がり仲買でも見慣れぬ魚が増えているが、その「見慣れぬ」がいつの間にか「ありふれた」魚になってくるのだ。産地はやはり九州が多い。これを1本『市場寿司 たか』に持ち込んだ。たかさんが卸すうちに、「こうりゃ、今日はまだ硬くないかな。食べてまずいわけじゃないけど」と2かん握って出してくれる。確かに薄くへぎ板の切り付けたのにすし飯とは馴染まない。薄造りにして刺身で食べたらうまいだろう、と言った味わいである。1日置いてまた2かん。今度はぐっと味わいも増して、しかもやや軟らかくなっている。白身魚の淡い甘み、旨味も感じられて程良い食感がある。すし飯との相性もよくてうまい。ハタは総てこのだんかな。

寿司ネタ(made of)

オオモンハタ
Areolate grouper

オオモンハタ
近年(2016年現在)になって関東の市場でも見かける機会が増えている小型のハタ。
産地は主に西日本であるが関東近海でも揚がっている。
ハタ類のなかでも小型なので超高級魚ではないが、高価で取引されている。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。