寿司図鑑 196貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

梅色/ウメイロ

うめいろ / ウメイロ
梅色/ウメイロ
握り

関東では意外にお馴染みの魚である。これは東京都に産地である伊豆七島や小笠原があるためで、ここからくる定期便にしばしば乗ってくる。値段は高値安定、けっして安くはない。外見は利休鼠に山吹の黄とやや派手。白身のきれいな身のせいかネタに関して保守的な料理人でもときどき持っていくと仲買から聞いた。これを半身、『市場寿司 たか』に持ち込んだ。「きれいな身だね。なんだろうね」と首をひねるたかさんに「ウメイロだよ」と話すと、「これ高いだろ」と話す間もなく2かんが出来上がる。そしてもう1かん握って「うまいな、これは。身がねっとりしている」とうなる。すぐに追いかけて口に放り込む、そのねっとりした身の感触。これは練り絹のようだ。そして程良い旨味と甘み。すし飯と馴染む柔らかさが絶品である。「梅色」という和の呼び名も寿司によい。

寿司ネタ(made of)

ウメイロ
Yellowtail blue snapper

ウメイロ
熱帯、亜熱帯に多く、味がいいので高級魚だ。
伊豆諸島、小笠原諸島でとれるので東京でもよく見かける魚だ。
田中茂穂の著書に蒲鉾などに加工されたとあるように評価の低い魚であったようだが、流通の発達とともに白身の代表的な高級魚になった。
白身で、・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。