寿司図鑑 208貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

あぶらごそ/マルヒウチダイ

あぶらごそ / マルヒウチダイ
あぶらごそ/マルヒウチダイ
握り

駿河湾底引き網であがる魚種は数知れず。きっと性格に把握するのは不可能だろう。深海魚というと、どんな味がするのか未知の人が多いと思うが、怪奇な姿のものが多い割には美味な魚揃いである。その美味の競演にあって、トップクラスにランクされるのが「あぶらごそ」。そしてこれには2種あって、ヒウチダイとマルヒウチダイである。今回は沼津でも滅多に上がらない大きなマルヒウチダイを握りに仕立ててみた。この味わい、例えようない。あえて例えれば白身なのにトロであるとうと、おかしいだろうか? 身はやや柔らかい、そして濃厚な脂があり、これが甘い。そこに魚の旨味もあるのだから口中、美味の洪水となる。『市場寿司 たか』の渡辺隆之さんをして、「寿司にして絶品」という一語に尽きる。

寿司ネタ(made of)

マルヒウチダイ
Slimehead

マルヒウチダイ
まとまって水揚げがある地域を現在のところ(2012)知らない。
鹿児島県錦江湾での「とんとこ網漁」などで少ないながらコンスタントにみることができる。
静岡県沼津ではヒウチダイとともにアブラゴソと呼ばれ高級魚だ。
癖のない脂のある魚で、産地な・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。