寿司図鑑 310貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

アイゴ

あいご / アイゴ
アイゴ
握り

これほど毀誉褒貶の激しい魚もいないだろう。地域によっては「ばり(おしっこ)」なんて呼ぶところがあり、これは内蔵、身の臭みから来ているのだろう。この臭い魚、アイゴであるが、今のところさほど臭いものに当たっていない。知人の防波堤(波止)釣り歴50年という寿司職人によると「あんな臭い魚、見るだけで虫ずは走る」と言う。季節は秋口だったというのだから気温の高い夏や秋口はだめなんだろうか? さて1月の終わりの厳寒期。和歌山県串本から来たアイゴにはまったく臭みがなかった。なかったどころか刺身にしていい味わいである。卸しながら、たかさん「このヒレのトゲが怖いんだね。痛いんだろうね」と呟き、皮を引いて切れっ端を口に入れて笑っている。「こりゃ、うまいや」。握りも、旨味、そして甘味もほどほどにうまいもんである。「なんだっけ、この魚」、「アイゴだよ」、「愛子ね。可愛い名前だね。愛子ちゃん」。まあ「愛子」でもいいか?

寿司ネタ(made of)

アイゴ
Meyas, Mottled spinefoot

アイゴ
 国内では沖縄県など以外では未利用魚・マイナー魚でもあり、好んで食べる地域は少ない。食文化を持つ地域とまったく食べない地域があり、一般的にはまったく知られていない。
 関東ではあまり食用とせず、瀬戸内海、四国、九州などで食用とされている。特・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。