寿司図鑑 363貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

キングサーモン/マスノスケ

きんぐさーもん / マスノスケ
キングサーモン/マスノスケ
握り

キングサーモンはアメリカではもっとも値段の高いサケの仲間である。日本での評価はあまりとれないこともあるが、あってなきがごとくであった。それが養殖ものが入荷するようになって近年人気が上昇、市場でもなかなか高い値がついている。産地はカナダ、もしくはノルウェー、チルドや冷凍で入荷してくる。これがまことにうまい。サケなのに食感は大トロ、それでいてサケ独特の風味がある。この半身を『市場寿司 たか』に持ち込み、じっくり味わってみた。まず「うまい」と感心しきりなのが、たかさんである。普段、脂が強すぎるマグロ・大トロが好きじゃないと言っているのに、このキングの脂は気に入ったようである。これはどうも甘味があり、そこにサケがもつ微かな日向臭さが感じられる。その個性的なところが酢飯に合うようだ。三陸ではたまに天然ものがとれて、これを「おおすけ」などというそうだ。きっとうまいんだろうな。はやく食ってみなくては。

寿司ネタ(made of)

マスノスケ
King salmon, Chinook salmon, Spring salmon

マスノスケ
アムール川から北米大陸のアラスカ、カナダ、カリフォルニア周辺までの川に遡上する。海外ではキングサーモン。標準和名よりもこちらの方が有名。
味の点でもサケの王様的な存在。ケよりも遙かに評価が高い。国内には日本海新潟県、太平洋側では宮城県以北に・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。