寿司図鑑 443貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

でんでん/ナガオオメハタ

でんでん / ナガオオメハタ
でんでん/ナガオオメハタ
握り

静岡県沼津は底引き網の出る港。深い海の底をなでとるような漁法で多種多様な生き物があがる。色彩も赤く真っ黒く、そして不気味に長いもの、魔女のように鼻をとがらせた奇怪なのもいる。そこにいかにも目立たない、平凡な魚がいて、それがオオメハタの仲間たちなのである。沼津では3種いるこれらをおしなべて「でんでん」と呼ぶ。ワキヤハタ、オオメハタ、そして今回のナガオオメハタである。体長は10センチほどからせいぜい20センチ前後。見た目も地味なら値段も手頃。この平凡な魚を寿司職人の渡辺隆之さんが寿司ネタとして絶賛するのだ。「江戸前握りというのはね、本来は小魚が主役なの。小粒だけど光ってるヤツ。光り物ってわけじゃないよ。味わいのあるヤツがいいの」というまさにズバリ当てはまるんだという「でんでん」は。沼津から持ち帰ったばかりのナガオオメ。いちばん小さいのをわざわざ選んで握る。「片身一かんがいいね」。すなわり一匹の魚で左右二枚のネタと言うこと。本当にこれはうまいのである。やや柔らかめであるがトロリンシャンと舌に馴染む。そしてすし飯の甘味と合わさる「でんでん」の甘味。「しなやかな味だね」。

寿司ネタ(made of)

ナガオオメハタ
英名/Slender seaperch

ナガオオメハタ
スーパーなどにでは産地周辺以外ではまったく見かけない。
ローカルな存在。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。